3級といえども幅広い知識の習得は必須。合格には「基礎固め」がモノを言う

ひとくちに「FPの難易度」といっても、
受験する級によってそのレベルはまちまちです。
FP試験には3級から1級までの3段階がありますが、
当然のごとく、難易度にはそれぞれかなりの差があります。


FPの中でも一番難易度の低い3級は、
「ファイナンシャルプランナーの導入」を学ぶための資格試験です。
FPとして必要な範囲の内容で、最低限の知識を有しているかをジャッジされます。

このことは、裏を返せば「試験範囲は他級とさほど変わらない」ことを意味します。
3級はFP試験として難易度はそう高くないため、ついつい甘く見られがちです。

ですが、だからといって学習範囲が限定されるわけでは
ないということを、今一度念頭に置く必要があります。

2級との差は「設問のレベル」、
ただそれだけですから、網羅すべき内容は同じなのです。


FP試験の中でも難易度が低いとされる3級は、
「独学で合格した」という受験生もたくさんいらっしゃるようです。

確かに、少々基礎的な知識を備えている方であれば、
市販本のみの取り組みで目指せなくもありません。
「浅く広く」を心がけ、満遍なく学習できれば、どなたでも合格が可能です。


しかしながら、すでに申し上げている通り、
2級受験の際には3級の範囲を再度学びなおすことになります。

3級受験の時点で足元をしっかりと固めていれば、
それだけ2級合格への近道となることは間違いありません。



一方で、「FP3級は難易度低いから」と適当に学習して、
何となく合格してしまったような方の場合には、
2級の内容がスムーズに頭に入ってこないことも考えられます。

よって、FP3級受験の際には、
難易度だけを見て適当な勉強法を選ぶのではなく、
次なるステップアップをも見据えた取り組みをすることが大変重要です。


当たり前のことのようですが、
意外とこの点を見落としている受験生はとても多いのです。

>>Next いつから始める?FP3級対策


合格率90%を超えるFP協会認定の通信講座とは?