FP2級になかなか合格できない方へ

このサイトを訪れた皆さんの中には、FP2級の難易度をことごとく越えられないでいる、という方もいらっしゃると思います。

「自分ではしっかり対策をしているつもりでも、いざ試験になると解けない」
「十分に時間を確保しているのに、どうも対策に手ごたえが感じられない」

などとお悩みの方も少なくないでしょう。

FP2級の難易度はいかにして突破できるのでしょうか?
今一度、これまでの取り組みを振り返ってみましょう。


◆肝心な試験対策が、単純な“作業”になっていませんか?

FP2級になかなか合格できない受験生の多くに、共通して言えるのは「ただやみくもに勉強をこなしているだけで、内容自体が試験対策としては不十分」ということです。
具体的には、「テキストを読んでいる」「講義DVDを視聴している」など、ほとんどはインプット学習にばかり終始しているケースがほとんどで、この場合、“やっているつもりでも実は身についていない”といった事態に陥りがちになります。
学習が作業化してしまって、習得した知識を使って思考することや応用することができていないと、FP2級の難易度対策としてはせっかくの取り組みが効果を発揮してくれません。
早急に、日頃の試験対策の内容を見直すべきです。


◆心がけるべきは“実戦力の養成”

ついインプット学習に偏りがちな受験生は、今後は「問題演習」に力を注ぐようにしましょう。
習得した知識が試験問題の中でどう問われるのか、どんなポイントが狙われやすいのか、基礎的な知識を元にした計算問題への訓練等、問題演習においては、インプット学習とは異なるたくさんの成果を見込むことができます。

また、問題演習を通してあやふやだった知識がしっかりと頭に刻み込まれるといった効果も期待できることから、アウトプット学習にはある意味、インプットにも役立つ側面があるとも言えます。
よって、FP2級の難易度対策のためには、しっかりと演習にも取り組むことが有効なのです。

テキストを読む、講義を聴く等の受け身のインプット学習は、こなしていて楽なので、ついそればかりに偏りがちになります。
しかしながら、FP2級合格を目指すためには問題演習をこなすなど、頭に汗をかくような、やりごたえのある対策にも積極的に着手することが重要になります。

>>Next FP1級とは


合格率90%を超えるFP協会認定の通信講座とは?