年金アドバイザー

近年たびたび話題にあがる様々な年金問題を背景に、
今、特に求められているのがFPと年金アドバイザーのダブルライセンスです。


目指す級によってはFPよりも難易度が高くなりますが、
その分FPとしての活躍の幅をぐんと広げてくれることでしょう。


年金アドバイザーとは銀行業務検定協会が主催する検定で、
年金に関する助言や指導、相談業務を行うスキル」を判定するテストです。

4級から2級までがありますが、FPとの難易度比較で見ると、
本格的な計算問題が課される2級レベルはかなり難しい資格であると言えるでしょう。

FPでも年金は試験範囲ではありますが、
その内容をもっと深く追求したのが年金アドバイザーなのです。


個人向けにお金に関する提案をするFPであれば、
年金についてもしっかりと精通しておくことが不可欠です。
今の時代、むしろ「年金相談がきっかけとなって顧客になる」
というケースも珍しくない
のではないでしょうか。


「FPよりも難易度高いなら、無理して受けなくても」
と思われてしまいがちですが、ちょっと苦労して取得しておけば、
新規顧客の開拓の際にも強力な武器となってくれることでしょう。


FPの難易度をクリアし、年金について基本的な知識を習得した後に、
まずはアドバイザー3級から挑戦されてみてはいかがでしょうか?


学んだ計算式を実際に活用することで、
あなたが持っている知識は一層活きてくるはずですし、
そうすることで初めて、的確なアドバイスを出来るようになるのです。

>>Next DCアドバイザーとは