資格取得

就職や転職を考えた時に、まず自分が企業側に対してどんなアピールポイントがあるかを考えることでしょう。

それによって就職・活動の内容も変わって来ますし、新たな就職先として考える職種や業種も違ってくるはずです。

その際に同じような就職・転職活動をする人との差を付け、
より自分を有利に見せる為に取っておいた方が良い資格とはどんなものがあるのでしょうか。

取得を目指す資格が国家資格であるならば、難しいと言われている試験が多い為、
より有利に働くことは間違いないでしょう。

企業内や独立して起業する際にも役立つ、行政書士や社会保険労務士の資格はお勧めです。

どちらも専業でしか出来ない業務があり、資格取得の際に勉強した知識をフルに実践で活かすことが出来る資格だからです。

行政書士であれば、受験資格等も特に定められていないので学習の習熟度によっては、早めに資格が取れるはずです。

そして、行政書士の資格を所有していることが、社会保険労務士の一部受験資格ともなりますので、
長いスパンで就職に有利な資格や開業を目指すための資格勉強を始めてみてはどうでしょうか。

法律を扱う業務には、試験にも関連性があります。
たとえば行政書士資格がどんな業務を担っているのかを図として把握しておくと、
社会保険労務士とどの部分の法律が元になっているかがおのずと理解できるのです。

そして図解で全体像を把握することで、関連づく法律も一緒に覚えることができるので一石二鳥です。

>>Next AFPとは