CFP

FPの難易度を考える上で、最上級資格として認識されるのがCFPです。

よくFP1級との区別を問われることがありますが、
基本的な違いはFP2級とAFPと同様、「母体が異なる」という点と
「CFPは維持するために継続教育や費用を要する」という点です。


よって、FP試験自体の難易度は1級同等であっても、
実務の現場においてはしばしばCFPの方が上級であると判断されます。


CFPを受験する際、受験資格としては「AFP資格を有する」か、
もしくは「一定の教育機関で必要な単位を取れているか」という項目があります。

そのゆえ、誰にでも挑戦できる試験というわけではなく、
必然的に「FPとして高い意識のある方」にのみ
門戸が開かれているライセンスであると言えます。

一方、FP1級受験の際には「2級合格+1年以上の実務経験」、
または「5年以上の実務経験」が条件
となっており、
CFPよりも若干敷居は低くなっています。

異なる2つのFPライセンスを考える際には、
難易度以上に、まず受験資格に注目しておかないといけませんね。


FP業務を生業とする方の場合、
1級とCFPを併せて取得するパターンがほとんどです。


双方ともレベルに違いはなく、
独立のためには必ずしも両方必須というわけではないでのすが、
上級ライセンスをダブルで携えることで得られる「信頼感」
というのはあるのではないでしょうか。

もっとも、CFPに合格すれば1級の学科試験が免除されるため、
比較的ダブルライセンスが目指しやすいもの同士であることは確かです。

「資格の数が多ければ良い」というわけではありませんが、
その道を極めるという意味ではぜひ併せて取っておきたいところですね。


FP資格の中でもとりわけ難易度の高いCFPと1級FP。

就職や転職に有利であるのはもちろんのこと、
プロとして独立する上でも活きてくるライセンスです。

「これから3級」という方もゆくゆくはこれらの頂点を目指せるよう、頑張ってください!

>>Next 簿記とFPのダブルライセンス